MENU

利用限度額の増額可能なモビットで楽々キャッシング!モビットなら極度額までの増額が可能です!

借入限度額は高ければ高いほど便利ですが、どのカードローンでもはじめて利用される方に対しては、最初は控えめな金額からのスタートになります。モビットの場合もこの方針が当てはまりますので、最初は借入限度額は30万円から50万円程度に抑えられます。ちょっとした買い物や生活費の足し、怪我や病気で緊急に入用が出来た場合は、この程度の借入で十分かもしれませんが、利用しているうちにもう少し限度額が高ければ、、、と思う方もいるでしょう。

 

モビットでは利用限度額の増額も可能です。利用限度額を増額するための方法を知っておくと、モビット利用はさらに便利になります!モビットでは利用限度額に加えて、極度額という設定を設けていますので、この仕組みをよく理解して、上手にタイミングを図り増額希望を出すようにしましょう。

 

モビットのおすすめポイント

 

カードローン 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査時間:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

モビット

 

 

 

モビットの利用限度額と極度額との違いについて

通常のカードローンではこの金額まで借入が出来ます、とい<う利用限度額が設定されます。しかしモビットの場合は、この利用限度額に並びもう一つの限度額「極度額」が設置されます。利用限度額と極度額は、どこに違いがあるのでしょうか。

 

まず利用限度額ですが、これはこの範囲内で自由に借入および返済が出来るというもので、借入・返済実績を積んでいくと増額が可能になります。もう一つの極度額ですが、これは現在借入が可能な範囲ではなく、将来的にここまで増額が可能というリミットになります。着実に増額を重ねていくうちに、やがてはこの極度額までの増額が認められる可能性も十分あります。

 

借入・返済実績を積むことにより極度額までの増額も可能に!

モビットに増額を認めてもらうには、ある程度実績を積まなければなりません。増額申請はタイミングを図って行いましょう。

 

これは一つの目安ですが、少なくとも半年分の借入・返済実績を作ってから増額申請を行うようにしたほうが許可されやすくなります。通常、利用を開始してから半年程度経過した時点で、返済状況や他社からの借入金額等が再チェックされます。この時点でとくに問題がなく、優良な顧客と認められれば増額が認められることになります。

 

優良な顧客と認められるよう、返済は着実に、期限を守って行うようにしましょう。極度額までの増額が認められる環境作りは、着実な返済から始まります。

 

借入・返済は計画的に行いましょう

利用限度額の増額が認められたからといって、不必要な借入を繰り返していると、借りすぎに陥ってしまい、返済に苦労するようになります。借入はあくまでも計画的に、不必要な借入は決して行わないよう注意しましょう。

 

増額が認められるとそれを利用しないのは損なような気がしますが、返済の見通しがきかないままに不必要な借入をするのは意味がありません。借入は収入に見合うものにし、必要なときに必要な金額だけを借り入れるようにしましょう。

 

まとめ

これはモビットだけに限りませんが、はじめてカードローンを利用する場合には、利用限度額は比較的小額に制限されます。利用限度額は大きいほうが便利ですが、利用開始後すぐに増額申請が認められることはまずありません。

 

増額申請はある程度返済実績を積んでから行うようにすると、すんなり認められる可能性が高くなります。増額申請は、モビットの会員専用サービスMyモビから行うことが出来ます。

 

またモビットでは現在借入可能な限度額以外に、極度額というリミットが設定されています。これはこの金額までなら増額が可能、という将来的な限度額になります。着実に返済を重ねていけば、この極度額まで増額可能というのがモビットのお勧めポイント。いざというときのために、少しでも借入限度額を増やしておきたい方は、まずはコツコツと返済実績を重ねておくようにしましょう。

 

限度額の増額に成功したからといって、必要もないのに衝動的に借入を重ねていると、返済に行き詰ることもあります。借入はあくまでも計画的に、自分の収入とライフスタイルに合わせて行うようにしましょう。

 

モビット

曖昧な知識を排除してカードローンと向かい合う!カードローンの仕組みについてしっかりと確認

 

カードローンには銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの2種類があります。カードローンの審査に通過するためには、まずはそれぞれの特徴をしっかりと理解することが重要です。それそれのメリットデメリットなどをしっかりと把握して、カードローン選びのために役立てましょう。

 

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

銀行系カードローンと消費者金融にはそれぞれにメリットやデメリットがあります。それぞれの特徴についてさらに詳しく確認してみましょう。

 

銀行系カードローンの特徴について

銀行系カードローンの場合には、審査が慎重に厳しく行われることが大きな特徴となっています。銀行系カードローンでは大きな金額を低金利で借り入れることができるのですが、銀行では融資を判断する際に確実に回収できるかどうかを重視するため、時間をかけてじっくりと審査が行われることになります。審査にはある程度の時間がかかりますので、即日融資を受けることなどは難しいようです。その他には銀行の休業日には審査や融資を受けることができなかったりすることや、利用するために普通預金口座が必要になることなども、銀行系カードローンの特徴だといえるでしょう。

 

消費者金融系カードローンの特徴について

消費者金融系カードローンの場合には、審査がスピーディーに行われることが多いようです。銀行系カードローンに比較すると比較的審査には通りやすく、また即日融資などにも対応できることが大きな特徴となっています。ただしその一方で金利は銀行系カードローンよりも割高になりますし、また総量規制が適用されるため借り入れの限度額は最大でも年収の3分の1までに制限されます。さらに消費者金融については悪いイメージを持っている人などが多いようですから、消費者金融系カードローンの利用については家族や同僚などには内緒にしておいた方がよいかもしれません。

 

カードローンの審査や保証はどのように行われるのでしょうか?

モビット画像

カードローンの審査の際には申込者の「勤続先」「勤続年数」「年収の額」「これまでの返済状況」「他社借り入れの状況」などについて確認が行われ、これに通過すればカードローンの利用が可能になります。また利用限度額についても審査の際に決定されることになります。ほとんどのカードローンでは融資を行う金融機関による審査と、さらに保証を行う保証会社による審査が行われます。保証会社というのは「保証契約」という制度に基づいて保証を行う金融機関であり、近年では銀行の保証会社を消費者金融が務めることなどが増えているようです。利用者の返済が滞った場合には保証会社がこれに代わってカードローンの返済を行い、その後保証会社は立て替えた分の返済を利用者に対して請求することになります。融資を行う金融機関では保証会社を利用することでリスクを抑えながら、カードローンの提供を行っているのです。また保証会社ではカードローンの保証を行うことにより、カードローンを提供する金融機関からの保証料を収益として獲得しています。

 

カードローンの金利はどのように設定されているのでしょうか?

カードローンも借金の一種ですから、お金を借りた場合には利子をつけて返済することが必要になります。カードローンには銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの2種類があるのですが、ほとんどの場合には銀行系カードローンの方が低い金利が設定されているようです。例えば三菱東京UFJ銀行が提供するカードローンでは、4.6%〜14.6%(年率)の金利が設定されています。金利に幅があるのは借り入れ金額により適用される金利が異なるからです。借入金額が500万円以上であれば最も低い金利である4.6%が適用されるのですが、借入金額が50万円以下であれば最も高い金利である14.6%が適用されることになります。借入金額が大きければ低い金利が適用されますし、借入金額が小さければ高い金利が適用されるのです。また初めてカードローンに申し込む人の場合には小さい利用限度額からスタートすることがほとんどになりますので、カードローンの金利は最も高い金利が適用されることになるはずです。カードローンの金利を比較する場合には最も低い金利が気になるかもしれませんが、実際には最も高い金利に注目してカードローンを選ぶことが重要になります。

 

カードローンではどのような返済方式が採用されているのでしょうか?

カードローンの返済方式には様々なものがあるのですが、現在のカードローンではそのほとんどが「リボルビング払い」による返済方式を採用しています。リボルビング払いは毎月決められた金額の返済を続けていく返済方式であり、リボルビング払いにはさらに「残高スライドリボルビング払い」「定額リボルビング払い」などに分類することができます。その他には「元利金等方式」「元金均等法式」などの返済方法もあるのですが、それぞれの詳細については複雑であるため説明は省略させていただきます。インターネット上にはカードローンの返済方式を詳しく解説したサイトなどがありますので、興味がある人はそちらで確認をしてみてください。カードローンについては一般的には、返済期間が長くなるほど返済の負担が大きくなるという特徴があります。例えば50万円を金利15%の条件で借り入れた場合には、1ヵ月あたりの利息は50万円×15%÷365日×30日(1ヵ月)で6164円になります。これが数ヶ月や数年の借り入れになればさらに利息の負担が大きくなりますので、返済総額も大きく増えてしまうことになるのです。返済に余裕があれば月々の返済額を多めに設定して、返済総額をできるだけ抑えて早期の完済を目指すことをおすすめしたいと思います。

 

カードローンを積極的に活用して私たちの生活のために役立てましょう

2010年に貸金業法が改正されるまでは、カードローンではグレーゾーン金利と呼ばれる高額の利息の請求が行われていました。以前は利息制限法による制限に罰則規定が存在しなかったため、出資法による制限額である29.2%の高額な利息の請求が行われていたのです。現在は法律が改正され、利息制限法による制限を超える利息を請求することは禁止されています。また以前グレーゾーン金利による高額な利息を支払った人に対しては、払いすぎた利息の返還を請求する「過払い金請求」が認められています。この過払い金請求が認められたことにより、多くの消費者金融では深刻な経営不振に陥りました。現在では大手消費者金融のほとんどが銀行の支援を受け、銀行グループの一員として営業を行っているのです。カードローンを利用する際には銀行系カードローンと消費者金融系カードローンのメリットやデメリットについて、しっかりと把握することが重要になります。利用目的やライフスタイルなどに合致したカードローンを選択して、より豊かな生活を実現するために積極的に活用してみてください。

キャッシング詳細


モビットのおすすめポイント


カードローン 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査時間:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


モビット